2016年09月25日

時価総額が小さい方が有利?〜株価が下がるリスクが少なく、100倍になる可能性もある〜時価総額投資法

時価総額が小さい銘柄は、やっぱり有利ですね。
赤字や倒産しそうな会社は除外ですが、発展性のある会社、挑戦している会社、若い会社には注目です。
なぜなら、時価総額が小さいと株価が下がるリスクが少なく、逆に上昇する可能性は無限にあるからです。
無限と言っても限界はありますので、とりあえず、時価総額1兆円を目処としましょう。
★時価総額投資法
時価総額投資法では、まず時価総額が50億円以下の有望な株を探します。
計算すればわかると思いますが、時価総額500億円で10倍、5000億円で100倍ですので、可能性はあると思います。
有望な株ですので、倒産しそうな借金まみれの株、古い会社、将来性を思いつかない会社は除外してください。貯金(利益余剰金)がたくさんある会社がいいですね。
テーマ株でそれがあれば、それはお宝株となります。
現物で持って、おいておくだけです。
上場したての若い会社や上場後10年以内の会社から探してみましょう。
タグ:時価総額
posted by 株銘柄経済研究所 at 08:03| テクニック

2016年09月19日

株価と銘柄の価値と時価総額〜時価総額が企業の価値の物差し〜株価は、ただ単なる指標〜時価総額=人気+将来性+貯蓄+生産性

株価が高い、低いとよく言われる時がありますが、株価だけで高い低いはわかりません。
企業の価値は時価総額が指標となるからです。
時価総額が高いと企業価値が高いということですね。
企業の価値というのは、企業の人気、将来性や人気などで、売上が少ない小さい企業なのに時価総額が高いこともあります。
今で言えば、VR関連のカヤックなどがそれに当てはまります。(時価総額はまだ低いですが)
将来性を買うのが株ですが、今、将来性がないと思っても、すごい取り組みをする企業は、急に将来性が見えてきます。そこで若い企業、社長が若くてカリスマがある企業がオススメですね。
ミクシーが急に変わった時は、社長の交代がありました。すごく変わった経歴を持ったカリスマ社長でした。今は、違う社長となりましたが。ソフトバンクの社長もカリスマですね。あの人のプレゼンを聞くと、夢を見ることできます。カヤックもYouTubeなどのインタビューを見ていると、カリスマ性を感じます。カリスマ性とは、平凡ではないので、他から見れば、少し変わっている、でも言っていることは、納得できる、そういう人間なのです。みんなと同じであれば、平凡なので、それではたくさんある上場企業から企業を急発展することはできませんね。
タグ:株価
posted by 株銘柄経済研究所 at 07:55| 情報

2016年09月17日

東京ゲームショーに注目〜VRゲーム、位置ゲームなど〜これからのゲームはどうなる?〜東京ゲームショーが楽しい

東京ゲームショーが開幕され、ゲーム関連銘柄に注目ですね。
これからのゲームは、VRゲームやポケモンGOのような位置ゲームがメインになってくると思います。
スマホ+αのゲームなのでしょう。
ゲーム銘柄の中には、VRや位置ゲームに既に取り組んでいるところがありますが、これから新規に取り組むところもあると思います。
ゲーム銘柄の選抜の鍵、それは、東京ゲームショーにあると思います。
さあ東京ゲームショーに行こう。
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:46| ニュース

KW投資法〜9月末は、新規上場のラッシュ〜テンバーガーが眠っている可能性〜石ころかダイヤの原石かどちらをひろうのか?

9月末は、新規上場のラッシュですね。
この中にテンバガーが眠っている可能性がありますね。
石ころを拾うのかダイヤを拾うのかのチャンスです。
急激に上がった銘柄の特徴を見るとあるキーワードがあります。
同様に、新規上場から、そのキーワード(KW)を見つけてみましょう。
★ガンホー
スマホゲームの先駆。
KW:時代の移り変わり+テーマ株+一番最初
★極楽湯
中国の銭湯が大人気
KW:海外+中国+低位株
★コロプラ
面白いゲーム、人気のゲーム
KW:スマホゲームの楽しいゲーム、ガンホーの次
★ミクシー
人気のゲーム
KW:スマホの人気ゲーム
★これから期待できるキーワード
VR、自動運転、コネクテッドカー、位置ゲーム、コンサート、オリンピック、東京関連、IOT
タグ:新規上場
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:40| 特集

NISAで買って、株価が思いっきり下がって、損切り〜損益通算できないの?NISAでかなりの損失

NISAで買った株価が思いっきり下がって、損切りしましたという話を聞きます。
NISAは、損益通算できないので、かなりの損失となりますね。
私もNISAで損切をしたことがあるので、NISAの通算は、かなりのマイナスです。
NISAがもっと使いやすくなって欲しいですね。
タグ:NISA
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:21| 注意

VR銘柄は今後どうなる?カリスマ社長が3人もいるカヤックに注目〜東京ゲームショーが開催されているのに

VR銘柄は、今後どうなるのでしょうか。
最近の株価を見ていると、VR銘柄も下落していて、東京ゲームショーが開催されているのに残念です。
注目しているのが、カリスマ社長が3人もいるカヤックです。
youtubeとかで、社長のインタビューを見ていたら、カリスマ性がよくわかります。
まあ、面白法人というぐらいですので、そもそも変わっていますが、それぐらいのカリスマ性、究極、極端がいるのかもしれません。
これからのカヤックに注目しています。
詳しくは、youtubeなどで、検索すると、社長の対談を聴くことができます。
あくまで、投資は自分の判断でお願いします。
タグ:VR銘柄
posted by 株銘柄経済研究所 at 17:14| 注目

テンバガーを見つける方法〜時価総額とテンバガー〜VRなどのキーワードがあるテーマ株とこれから〜キーワード投資と新規上場投資など

テンバガーの要件は以前記載していますが、最近のテンバーガーを探す方法です。
★時価総額が低い銘柄(50億円以下のぞましい)
→株価を100倍して、時価総額が1兆円にならない株がのぞましい。
→株価を100倍して、トヨタなどの他の銘柄で比較しよう。時価総額でそれより高くなるということは、その会社より上位にくるということ、その現実味を考えよう。
→人気が無くて、時価総額が低い場合、ずっと、売買がない可能性があり、売りたくても売れない場合がある。
★キーワードが含まれるテーマ株
→ただし、時価総額が既に高くなっている可能性がある。
★新しい会社
→新規上場後、すぐの場合はかなり割高の場合がある。
★社長がカリスマ
→社長によって、会社は変わる。カリスマ社長を探そう。
→メディアの露出が多いか、youtubeで社長の話を実際に聞いてみよう。
→ツイッターやフェイスブックで投資予定の社長の名前をさがしてみよう。
実際の話を聞いて、投資するか考えよう。
★株を買うのは、その会社に入社する、社長に投資すると思おう。その社長に投資できない程度なら、諦めよう。
★若い会社、変換のある会社、挑戦性のある会社
★マザーズがおすすめ。次にジャスダック。
★復活銘柄、海外に投資している銘柄をねらえ
タグ:投資
posted by 株銘柄経済研究所 at 17:09| テクニック

エディアが下方修正〜ゲーム関連銘柄〜コネクテッドカーにも期待〜複数の銀行にも借りる

エディアが下方修正しました。
ゲーム関連銘柄によくある流行するかしないかですね。
ここは、コネクッテドカーや音声地図などにも取り組んでおり、複数の銀行に借りるお金の使い方によっては、復活すると思います。
今後の動きに注目です。
posted by 株銘柄経済研究所 at 05:33| ニュース
過去ログ