2017年12月30日

2020年東京オリンピックに向けIOTや自動運転が加速

東京オリンピックに向けてIOTが加速するといわれています。あらゆるものをインターネットにつなぐことで、いろいろなものを自動化することができます。たくさんの観光客を管理するためには自動化技術が必須ですね。例えば、エアコンについてもある一定温度になれば自動的に動く、自動的に切れる、またすべての温度を管理する、照明についても自動消灯、自動切断で集中管理する、選手の記録もすべて集中管理する等、インターネット技術をものつなげるIOTが重要になってきます。
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:56| テクニック

2018年のテンバーガー候補株はこれだ〜テーマ株を見つける+テンバーガー候補を探す

2018年のテンバーガー候補ですが、まずはテーマ株と言われる2018年のテーマを見つけます。その中でテンバーガーの条件に当たる銘柄を探すのです。簡単にいえば、テーマ株なのに時価総額が低いお宝銘柄を探すのです。
○2018年テーマ
人口不足やオリンピックがあるので2020年ぐらいまでテーマが続くと思われます。
ロボット、AI、IOT、5G、EV、ビットコイン、フィンテック、ZMP(自動運転)などです。ロボットとAIとIOTと5Gと自動運転は、実は互いに関連しており、これから人口不足で生産性を高めるには必要な技術のため、人口不足の故にこの技術を高める必要があるのです。政府の減税も検討中であり、これから伸びると思われます。また東京オリンピックも一つの契機だと思います。
○テンバーガーの条件
1上場してから5年以内
2時価総額100億円以下(50億円以下)
3筆頭株主が創業者
4テーマ株
○売り時
売上が伴わない急騰でテンバーガーに。
PERが1000とか異常値
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:41| 注目の銘柄

今年のテンバーガー銘柄〜来年も頑張りましょう

大納会も終わったところですが、今年の株の成績はどうでしょうか。大勢の方が株は勝てたかも知れません。今年のテンバーガーは、ありませんが、テンバーガーに近い銘柄はたくさんありました。特に、ペッパーフード、北の達人のような飲食店、そしてサイバーステップのようなアプリ関連、あと宣伝で有名なライザップですね。来年の成績を楽しみに今年を糧に頑張りましょう。皆様によい年でありますように。
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:11| 株価
過去ログ