2015年05月25日

海帆(3133)のテンバーガになる可能性〜時価総額から見ると

海帆(3133)は、売上が11期連続で増えている。
また中央市場の店舗利用権利を持っているのが強みで、新鮮なものを安く調達できる強みをもつ。
時価総額2461百万円と安く、PER(予想)が13と、テンバーガ(10倍)になる可能性もあり、注目株の一つである。
社長は、ガンガン前向きに進んでいく社長であり、マクロを解体したり、料理ができる社長なので、本当の味を知っている社長であり、本業にも注目される。

○テンバーガ(10倍株)の見分け方他→
http://www.freedoor.cyberwst.com/bunnya6.html
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:51| 注目の銘柄
過去ログ