2018年01月25日

エコモットかトランザスかジクゾーかIOTとテンバガー候補

テンバガーとは株価10倍になる株ですが、テンバガーは、なんといってもテーマ株探しからとなります。
今年のテーマは、IOTやAI、そして、オリンピックやリニア、そして通貨関連でしょうね。その中でもIOTは、今年からLPWAと呼ばれるIOTにとってメリットのある通信方式が広がる可能性が高いことから、IOT関連に注目しました。
IOTの新興市場には、エコモット、ジクゾー、ドランザス等があり、その中でテンバガー候補があるのでしょうね。
さあ今年こそは、IOT関連でテンバガーをつかみたいものです。
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:45| 注目
過去ログ