2018年02月04日

テーマ株を探そう〜オリンピック、リニア、Iot、AI、人口減、インバウンド観光等〜テンバガーを探す方法

株のテンバガーを探す方法は大きく二つあります。
それを今回は紹介します。
○テーマ株
○不祥事企業(ただし、潰れない、復活の見込みのある企業)
テーマ株は、今年のテーマや流行に関係する銘柄です。
例えば、アプリゲームが出てきた頃、人気アプリゲームのパズドラの銘柄のガンホーが短期間でテンバガー以上になったような感じですね。
不祥事企業は、不祥事や経営不振で落ち込んだが、復活する企業です。
なお、不祥事が致命傷でそのまま倒産する企業は除きます。
テンバガーは大きくこの二つの銘柄に注目することで、そこに今年のテンバガーが隠れています。
あとは、テーマ株でも倒産しないか検証する必要があります。
たとえ、仮想通貨で大きく成長した企業。
でも本当にセキュリティは大丈夫なのか、リスクはないのかという検証が必要ですね。
さあ、リスク管理しながら、テンバガーを探しましょう。
posted by 株銘柄経済研究所 at 10:52| テクニック
過去ログ