2018年02月10日

アメリカダウの下落の影響がきつい〜アメリカからくる経済〜でも実は買い時

アメリカダウの急落で日経平均が大幅に下落しています。
銘柄関係無く、全体的に下落するのがつらいところです。
特に信用で買いをしていると、かなり厳しいですね。
何故、アメリカダウが下落すると、日本の株が全体的に下がるのでしょうか。
それは、信用買いを精算するために自分の株を手仕舞いしたり、コンピュータによる高速取引で、ロスカットしたり、現物を現金に換えたり、さらに円高による外国人の日本株売りなど、様々な要素が絡みあっています。
しかし、逆に高すぎる日経平均が調整されて、日本の株が買い時という見方もあります。
優待株を狙っている場合や配当を狙っている場合は、割安になってから、タイミングを見計らって買うのがいいですね。
posted by 株銘柄経済研究所 at 07:52| テクニック
過去ログ