2018年08月26日

特集〜エコモットはIOTソフトからハードまで、そしてIOT基盤からパッケージまで〜防災ソリューションに注目〜テンバガーの可能性は?

エコモットが一時ストップ高となり、エコモットに再び注目しています。そこで今回はエコモットの特集です。エコモットは、皆さんも知っておられるようにIOTの会社です。札幌証に上場し、その後、マザーズに上場した勢いのある企業です。その企業がテンバガーになる可能性があると思いますがその理由をまとめてみました。なお、投資は自分で調べて自分の判断でお願いします。ほとんどが決算説明資料に買いてますので、それを見てください。
○今のテーマのIOT、AI、AR、防災銘柄
○社長が若く、勢いがあり、大株主
○会社に自社株会がある。
○IOTの基盤からパッケージまで手がけている。例えば、LPWAの基盤はいろいろなIOT会社が買う可能性があり、さらにそれを使った防災ソリューションなど自社パッケージも手がけている。
○技術力高い。IOTだけでなく、IOT+AI+ARなどいろいろな組み合わせのパッケージも作っている。
○ソフトからハードまで一貫して担うことができる。
○異常気象や台風が頻発するなか、防災ソリューションに力を入れており、危機管理型水位計、地すべり監視、噴火監視、熱中症対策
、風予測、雪のIOTなど、まさに異常気象を手がけている。
○時価総額が小さく50億円程度。これが一番の魅力。
○発行済株式及び浮動株が少ない。
他にもいろいろありますが、自分で調べてみてください。エコモットを調べるとエコモットの堅実さ、そして魅力がわかってきます。投資は自分で調べて納得してからお願いします。
IMAG0911-7e67b.jpg
posted by 株銘柄経済研究所 at 08:17| 注目の銘柄
過去ログ