2019年03月24日

エコモットとトランザス〜IOTの注目銘柄〜テンバガーを狙う〜IOTの未来

エコモットとトランザスはIOTの注目銘柄で以前から注目しています。IOTですが違う路線を走っており、両方とも注目ですね。最近は安定と挑戦のエコモット、挑戦とチャレンジのトランザスであり、両方に魅力があります。将来性や夢があるIOTのパイオニアは次はどんな日本の未来作ってくれるのでしょうか。
○エコモットのテーマ
防災、災害関連、自動変位計測、危機管理型水位計、次世代IOTのLPWA、気象、ドライブレコーダー、KDDIと連携、大手連携、AIカメラ、土木のIOT、地震関連、大雪対策、熱中症対策、5G関連
→災害や防災や自然現象にIOTを利用。
災害大国日本では注目
→次世代IOTのLPWAや5G。
デバイスを取り扱っており、有利
→大手との連携でKDDI出資=安定。
KDDIが出資したことで安定性が増えました。また将来性技術力を大手が認めたお墨付きみたいなものを得られました。
○トランザスのテーマ
デジタルサイネージ、警備ロボット、IOTセキュリティ、ウェアラブル端末、民泊向けチェックイン端末、ルームコントローラ、ホテルのIOT
→東京オリンピックや万博などで警備ロボットは面白いですね。人口減少の日本ではIOTロボットは注目です。
→ホテルのIOTはこれから注目ですね。民間のホテル会社も導入しつつあります。
○評価
このようにエコモットとトランザスは、同じIOTですが、違う道を歩いており、どんな未来を描くのか楽しみですね。一年後、二年後の飛躍に期待です。いつ株価暴騰するかもしれない期待もあり、注目しています。東京オリンピックや万博もあり、IOTには注目しています。
なお投資は各自の判断で行ってください。

IMAG1721.jpg

posted by 株銘柄経済研究所 at 10:29| テクニック
過去ログ