2019年06月23日

エコモット〜KDDIをバックにつけたエコモットの株価予測

エコモットの株価予想です。エコモットはKDDIから出資をしてもらいKDDIのIOT部門のトップ2が確かエコモットの常務になっていましたね。
時価総額を単に比較した時に何倍になるか想定しました。(エコモットの何倍)を書いています
○エコモット時価総額7632百万円
○KDDIの時価総額6577381百万円
(861倍)
○メルカリの時価総額428745百万円
(56倍)
○TKPの時価総額186456百万円
(24倍)
○HEROZ時価総額131777百万円
(17倍)
(考察)エコモットの時価総額の861倍のKDDIがエコモットに出資し、力になっているのはすごいことです。マザーズの他の時価総額と比較すると、株価20倍にはそのうちなるような気がします。エコモットは東証一部を狙っていると思いますのでそれ以上もあり得ると思います。皆様の意見はどうですか。エコモットの強みはKDDIがバックにいること、そして確かな技術、そしてIOTやMaasなど時勢に取り組んでいることですね。
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:51| 株価
過去ログ