2020年02月29日

新型コロナウィルスの肺炎で株価暴落ショック直撃〜株は大暴落したがこれからはどうなるか

新型コロナウィルスの肺炎で株価が大暴落しました。
今回、ダメージを受けた投資家はたくさんいると思います。
しかも信用取引をしていたら、立ち直ることが不可能な投資家もいると思います。
新型コロナウィルスは、かなりヤバイウィルスと私は思っていましたが、みんな油断をしすぎたと思います。
大阪で感染から復帰した人がまたウィルスが活性化して再燃したり、肺炎で亡くなられたり、感染力も半端じゃありません。一ヶ月前に中国で感染がスタートしたと思ったら、ウィルスはあっと言う間に世界を制覇して、さらに拡大しています。
しかも未知のこのウィルス、特殊でとても怖いです。
株が暴落した今、実は買い時のチャンスなのです。株を見極めて、買いを推奨します。
まず、オススメは、ソフトバンクのような高配当株でコロナの影響を直接、収益に影響ない銘柄です。何故なら、ソフトバンクはスマホの通信料という安定したお金が入ってきます。コロナが広がってもスマホを解約する人はまずいません。逆に外に出ることができず、通信料の収入が増える可能性もあります。さらに高配当株はあまり下がりません。コロナで収益が減りそうな株、例えば、観光関係、インバウンド関係はさけた方がいいかしれません。何故なら、コロナショックだけでなく、実態の収益も減りそうで下方修正や倒産の可能性もあるからです。新型コロナショックは、実は買い時の到来なのです。
posted by 株銘柄経済研究所 at 15:29| 情報
過去ログ