2020年09月20日

株の難しさを思い知った〜難局を乗り越える〜これからの動向

最近、株の難しさを思いしりました。
まずは、ソフトバンクですね。
ソフトバンクは、配当の高さ、5Gなどの将来性から購入しましたが、菅総理になり、携帯電話の料金値下げ圧力+親会社からの放出で株価が一気に下がりました。配当の高さで購入しましたが、裏目に出てしまった株です。
また最近始めた米国投資。これも調子が悪いですね。
やっぱり日本株投資で、小型株に投資するのが正解だったのでしょうか。
注目はコックスとエコモットですね。
コックスは、東京八重洲にマスク専門店を出して、連日、長蛇の列で賑わっています。
親会社がイオンなので、少し安心です。
本業は不振ですが、マスク事業が軌道に乗れば、楽しみな銘柄です。
あとは、IOTのエコモットですね。
サーモグラフィなど、コロナ関連でも注目をあびてきています。
KDDIと連携していますので、少し安心です。
両方とも小型株なので、小型株投資の方が最近は、よくなってきました。
ソフトバンク、この株価の復活はいつになるでしょうか。
posted by 株銘柄経済研究所 at 09:50| 日記
過去ログ