2022年02月28日

ロシアの戦争ショック〜どうする?買いか売りか〜ロシアへの経済制裁の影響

ロシアがウクライナに攻め込んで、株価が暴落しました。
しかし、個別銘柄ごとにそれほど下落していない株と、相当下落した株があります。
まず、相当下落した株は実損がでる可能性がある株です。
それは、次の銘柄です。
●ロシアやウクライナに工場がある、そこでの売り上げが大きい。
→工場が閉鎖に追い込まれたり、今後の経済制裁などで、ロシアのルーブルの為替変動で損をしたり、日本への送金がどうなるか不明であり、不明感により株が下落
次にそこまで下落していない株ですが、
〇配当の率が高く、ロシアやウクライナと関係ない。また国内のみ。
今後も戦争などの地政学リスクに注意する必要があります。
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:08| 情報
過去ログ