2022年03月26日

やっぱりPERが低い+PBRが低い+配当が高いがいい〜急落の防止〜株は負けないことが勝つ秘訣

やっぱりPERが低く(20以下)、PBRが低く(1以下)、配当が高い(4%以上)の銘柄はいいですね。
配当は利益か豊富な剰余金で支出しているという前提ですが。
株は、何かあれば急落することがあります。
それを防ぐのがやっぱり、この条件と思います。
配当が高いと、配当の時期が近づくにつれて、一定株価が上昇する傾向もみられます。
また急落すると配当の利率が上昇するため、株を買い足せばいいのです。
また株価が下がっていても配当をもらって、それを原資に買い増せば、さらに配当がふえてとなります。
posted by 株銘柄経済研究所 at 20:40| テクニック
過去ログ