2014年05月14日

コロプラ株の今後〜時価総額投資法から限界研究

時価総額投資法から注目銘柄の限界を見てみます。

○261,684百万円コロプラ(1とした場合)
○97,348百万円ミクシー(0.3倍)
○497,724百万円バンダイナムコ(1.9倍)
○603,653百万円ガンホー(2.3倍)
○48,132百万円クルーズ(0.18倍)
○1,885,698百万円ソニー(7倍)
○1,581,026百万円任天堂(6倍)
○113,917百万円コーエーテクモ(0.43倍)
○1,629,858百万円楽天(6倍)
○1,417,482百万円オリエンタルランド(5倍)
タグ:ゲーム
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:06| Comment(0) | 注目の銘柄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ