2019年04月27日

エコモット〜IOTのベンチャーであり、KDDIが資本提携

エコモットはIOTのベンチャーで有名ですが、注目すべきは、KDDIが資本を出資しているというところです。これには以下の重要なポイントがあります。
○時価総額が小さいエコモットにKDDIが出資したということは、確かな技術力があるという証明にもなる。
○KDDIのIOT部門に入りこみ、エコモットの売上も上がる。しかも大手のKDDI。どこまで上がるか見物
○エコモットの資本が強くなり、さらにKDDIグループとの連携等の幅が広がる。
☆エコモットはIOTやLPWAさらに5GやAIなどの最先端技術も開発しており、これからのテーマにもなってる銘柄ですね。KDDIと資本提携したことで、これから何が飛び出すか楽しみ銘柄です。
IMG_20190407_202314_491.jpg
posted by 株銘柄経済研究所 at 13:22| 注目の銘柄

2018年08月26日

特集〜エコモットはIOTソフトからハードまで、そしてIOT基盤からパッケージまで〜防災ソリューションに注目〜テンバガーの可能性は?

エコモットが一時ストップ高となり、エコモットに再び注目しています。そこで今回はエコモットの特集です。エコモットは、皆さんも知っておられるようにIOTの会社です。札幌証に上場し、その後、マザーズに上場した勢いのある企業です。その企業がテンバガーになる可能性があると思いますがその理由をまとめてみました。なお、投資は自分で調べて自分の判断でお願いします。ほとんどが決算説明資料に買いてますので、それを見てください。
○今のテーマのIOT、AI、AR、防災銘柄
○社長が若く、勢いがあり、大株主
○会社に自社株会がある。
○IOTの基盤からパッケージまで手がけている。例えば、LPWAの基盤はいろいろなIOT会社が買う可能性があり、さらにそれを使った防災ソリューションなど自社パッケージも手がけている。
○技術力高い。IOTだけでなく、IOT+AI+ARなどいろいろな組み合わせのパッケージも作っている。
○ソフトからハードまで一貫して担うことができる。
○異常気象や台風が頻発するなか、防災ソリューションに力を入れており、危機管理型水位計、地すべり監視、噴火監視、熱中症対策
、風予測、雪のIOTなど、まさに異常気象を手がけている。
○時価総額が小さく50億円程度。これが一番の魅力。
○発行済株式及び浮動株が少ない。
他にもいろいろありますが、自分で調べてみてください。エコモットを調べるとエコモットの堅実さ、そして魅力がわかってきます。投資は自分で調べて納得してからお願いします。
IMAG0911-7e67b.jpg
posted by 株銘柄経済研究所 at 08:17| 注目の銘柄

2018年06月10日

エコモット〜東証マザーズに上場〜AI+IOT〜高い技術力が魅力〜エコモットのこれからと注目点

エコモットが東証マザーズに上場することが決定しました。
エコモットは、AI+IOTの製品を近年売りにしています。
確かに、IOTでつないで、それをAIで操作すれば、本当の自動化になります。
AI+IOTの相性に注目して、それをいち早く導入しているエコモットです。
エコモットは、技術力が高く、これからも新製品が注目されます。
特に、LPWAやIOT+AIなど、新技術を活用した製品や接続端末に注目ですね。
大手ともタッグを組んでいるようなので、マザーズに上場して、さらに大きくなれば、どうなるのでしょうか。エコモットは、これからも注目したいと思います。
★エコモットの注目点
・時価総額がまだ安く、50億円程度
・技術力が高く、IOT+AIやLPWAの新製品などに期待
・IOTの端末やLPWAの端末などの販売(KDDIとの連携など)
・日本コムシスとの連携(危機管理型水位計、防災AI+IOTなど)
・ドライブレコーダー
・マザーズに上場、さらにこれからはどうなるのか。
・土木IOTである現場ロイドなど
posted by 株銘柄経済研究所 at 00:25| 注目の銘柄

2018年02月10日

エコモットの決算発表〜2月13日(火)〜第三四半期の決算が楽しみですね。

2月13日(火)は、エコモットの決算発表ですね。エコモットは、IOTの企業で、今年はIOT元年と言われるように、IOTに最適なLPWAが出てきました。LPWAは、KDDIから販売ですが、それを組み込んだデバイスや、それを組み込んだ製品は、エコモットが販売や工事もしますので、将来どこまで伸びるのか楽しみな企業です。先日、LPWAを使用したデバイスついて、IRしていましたので、決算発表資料で、このLPWAを使用した今後のついて、説明して欲しいですね。あと、分割の発表があるかに注目です。週明け、いよいよエコモットの第三四半期決算の発表です。四季報でダブルニコニコマークが付いていた実力はどうでしょうか。楽しみですね。
posted by 株銘柄経済研究所 at 21:13| 注目の銘柄

2018年01月13日

エコモットとトランザス、どっちがテンバガーに近いか?テンバガーの条件

エコモット(3987)とトランザス(6696)は、両方ともIOT銘柄ですが、どっちがテンバガーに近いでしょうか。テンバガーの条件で検証してみました。
●時価総額
エコモットもトランザスも時価総額は安く、両方ともに約70億円程度です。
→テンバガーになっても時価総額約700億円程度で両方ともにテンバガー候補です。
●両方とも浮動株は少なく、筆頭株主に経営陣があります。
→両方ともにテンバガーの条件クリア
●両方ともに新興市場で、これもクリアです。エコモットは、札幌証なので、さらに魅力的です。(なぜなら、ランクアップや他にも同時上場等の期待ができるため)
●社長のカリスマ性
トランザス→根っからの技術者って感じでいい感じです。いろいろと挑戦してくれるでしょう。社訓もそんな感じですね。世の中にない新しい製品、サービスの創造。いいですね。持続的成長の追求も最高です。
エコモット→かなりパワフルで社交的そうな社長です。デカいことやってくれそうな気がします。なんか西郷隆盛のような感じです。
●テーマ
両方ともにIOTというテーマ株。エコモットは、公共工事のIOTもやっており、東京オリンピック工事やリニア工事にも関連するかもですね。トランザスは、stbをやっており、オリンピックのホテル建設やオリンピックのPRテレビ等、影響があると思います。
●結論
私にもわかりませんが、両方ともに、面白いですね。皆様は、どっちがテンバガーに近いと思いますか。結果は、オリンピックの時に見てみましょう。オリンピックイヤーにこの二つの企業がどうなってるか、日本の未来がどうなっているかですね。
IMG_20180101_095248.jpg
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:30| 注目の銘柄

2017年12月30日

2018年のテンバーガー候補株はこれだ〜テーマ株を見つける+テンバーガー候補を探す

2018年のテンバーガー候補ですが、まずはテーマ株と言われる2018年のテーマを見つけます。その中でテンバーガーの条件に当たる銘柄を探すのです。簡単にいえば、テーマ株なのに時価総額が低いお宝銘柄を探すのです。
○2018年テーマ
人口不足やオリンピックがあるので2020年ぐらいまでテーマが続くと思われます。
ロボット、AI、IOT、5G、EV、ビットコイン、フィンテック、ZMP(自動運転)などです。ロボットとAIとIOTと5Gと自動運転は、実は互いに関連しており、これから人口不足で生産性を高めるには必要な技術のため、人口不足の故にこの技術を高める必要があるのです。政府の減税も検討中であり、これから伸びると思われます。また東京オリンピックも一つの契機だと思います。
○テンバーガーの条件
1上場してから5年以内
2時価総額100億円以下(50億円以下)
3筆頭株主が創業者
4テーマ株
○売り時
売上が伴わない急騰でテンバーガーに。
PERが1000とか異常値
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:41| 注目の銘柄

2016年12月31日

発表あれば、株価下落の謎〜期待先行は注意

いい発表の日が決まっている場合、その発表までは、株価が上がり続け、発表後は、急落するケースがあります。例えば、イグニスは、0弾の発表ということで、期待先行で株価が上がり、ストップ高もありました。業績以上に株価が上がっていました。それが、0弾を発表すると株価は急落。別に悪いニュースではないのに、株価はストップ安で急落しました。これが期待先行型ですね。業績の伴っていない期待先行型は、急騰し、何かをきっかけに急落するので注意が必要です。
posted by 株銘柄経済研究所 at 15:45| 注目の銘柄

2015年05月25日

海帆(3133)のテンバーガになる可能性〜時価総額から見ると

海帆(3133)は、売上が11期連続で増えている。
また中央市場の店舗利用権利を持っているのが強みで、新鮮なものを安く調達できる強みをもつ。
時価総額2461百万円と安く、PER(予想)が13と、テンバーガ(10倍)になる可能性もあり、注目株の一つである。
社長は、ガンガン前向きに進んでいく社長であり、マクロを解体したり、料理ができる社長なので、本当の味を知っている社長であり、本業にも注目される。

○テンバーガ(10倍株)の見分け方他→
http://www.freedoor.cyberwst.com/bunnya6.html
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:51| 注目の銘柄

2015年05月23日

SLD(3223)エスエルディーに注目〜カリスマ社長とkawaraカフェ

SLD(3223)の社長は、かなりのカリスマ性がありますね。
ラサール中学、ラサール高校、横浜国立大学メルチメディア学科、音楽プロデユーサ勤務で、その経験と知性を生かしているのがSLDですね。
これからのSLDに期待ができます。
何倍の株価になるか夢みて、勝負ができます。
またSLDの店のkawaraカフェは、昼のランチ、夜のディナーとも人気があります。
昼のランチは、安くて、ボリュームがあり、夜のディナーはお洒落と二面性をもっているがいいですね。
投資は、自分の判断でしてくださいね。

○株の投資法→
http://www.freedoor.cyberwst.com/bunnya6.html
posted by 株銘柄経済研究所 at 21:48| 注目の銘柄

2014年09月27日

コロプラが経常増益率で1位。さらに三冠王。四季報に注目

コロプラが経常増益率1位で三冠王。四季報に記載されています。
これは来ましたね。
白猫プロジェクト、黒猫のウィズ、他にもたくさんのアプリも。
海外進出など、まだまだ期待度MAXです。

○四季報online→
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/49059
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:41| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年05月14日

コロプラ株の今後〜時価総額投資法から限界研究

時価総額投資法から注目銘柄の限界を見てみます。

○261,684百万円コロプラ(1とした場合)
○97,348百万円ミクシー(0.3倍)
○497,724百万円バンダイナムコ(1.9倍)
○603,653百万円ガンホー(2.3倍)
○48,132百万円クルーズ(0.18倍)
○1,885,698百万円ソニー(7倍)
○1,581,026百万円任天堂(6倍)
○113,917百万円コーエーテクモ(0.43倍)
○1,629,858百万円楽天(6倍)
○1,417,482百万円オリエンタルランド(5倍)
タグ:ゲーム
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:06| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年05月06日

コロプラ株の急落の真相〜期待の株

最近、コロプラ株が下げています。
しかし、四季報などを見ると、悪いところは、まったくありません。
何故、急落したのでしょうか。
考えられる理由は次のとおりです。
でもまだまだ期待の株です。

○急落の理由
・期待が高すぎて、四半期決算が期待どおりでないから。(でも収益は約6倍)
・時価総額が高い。(それだけ優良な企業)
・信用買いが多すぎる。(それだけみんなが期待)

○今後の期待の理由
・白猫プロジェクトの新ゲームの発表(コロプラ社員が驚いた新ゲーム)
・配当の開始(いつになるかわかりませんがそのうち)
・海外への進出(海外でブームが来る?)
・ゲームの質が高い(他と比べてもわかります)
タグ:コロプラ
posted by 株銘柄経済研究所 at 07:48| Comment(0) | 注目の銘柄

【コロプラ】発行済株式数を読む

発行済み株式数の比較です。
これをみると、トヨタは、さすがですね。
○コロプラ
122,568,500株
○セガサミー
266,229,476株
○コナミ
143,500,000株
○ガンホー
1,152,010,000株
○任天堂
141,669,000株
○トヨタ
3,447,997,492株
タグ:コロプラ
posted by 株銘柄経済研究所 at 07:38| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年04月18日

コロプラは、本気で世界一をめざしている。もうすぐ東証1部鞍替え。

話題のコロプラが、もうすぐ(4月22日)東証1部に鞍替えです。
ファンドなどが、株を買うのに期待です。
それと、同時に、英語版ゲームをどんどん出しています。
人気のスリブロの英語版、にゃんこの英語版。
これからでるアプリは、全てのアプリを英語版で出す勢いです。

そう言えば、コロプラのホームページに、世界一を目指すと書いていましたが、
本気でそれを実行するつもりと思いました。
時価総額で、楽天や任天堂に追いつく日(株価5倍)も、夢でなく近づいてきたのかもしれません。

話題の株の攻略法→
http://www.freedoor.cyberwst.com/bunnya6.html
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:20| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年04月01日

【注目銘柄】コロプラ〜東証1部か2部に昇格

注目銘柄のコロプラですが、本日、増資を発表し、同時に東証1部か2部に昇格を発表しました。増資といっても、それほど、多くなく、それ以上の東証1部か2部への昇格や増資による更なる成長に注目され、株価は上昇しています。
東証1部にいけば、ファンドなどが、一定の割合で購入するため、安定かつ上昇すると考えられるので、期待です。

●株のテクニック他多数→
http://www.freedoor.cyberwst.com/
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:18| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年03月31日

【コロプラ特集】注目の銘柄

コロプラのほしの島のにゃんこが海外進出ですね。
日本でも順調なので、海外でも期待大です。
海外がどれだけ伸びるかで、今後の業績に関係してきますね。
そもそもコロプラのゲームは、品質が高く、さらに色々な種類を出して、リスクヘッジしながら、ポートフォリオを組んでいます。
そこもうまい経営手法ですね。
今後に期待です。
コロプラの問題点は、時価総額が高すぎることと、信用買い残が多すぎることです。
しかし、それは、期待があってのことですので、逆の見方をすれば、期待が高いということですね。

私の好きな株のサイト→
○おすすめの株情報満載サイト
http://www.freedoor.cyberwst.com/bunnya6.html
posted by 株銘柄経済研究所 at 22:33| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年03月30日

【注目の銘柄】コロプラの特集

人気の無料アプリゲームの「スリングショットブレイブズ」のIOSがリリースされました。
今までは、アンドロイドのみでしたが、これで、IOSでもアンドロイドでもできます。
このゲームは、位置情報通信協力プレイができるので、目の前にいる友達、家族、恋人と一緒に協力してゲームすることができます。また目の前に友達がいない時は、全国から友達をさがしてゲームすることができます。
コロプラは、このように、楽しいゲーム(売り上げランキング上位)をたくさん持っています。
まずは、目指せガンホーで、その内、楽天を目指し追い越すことを期待しています。

●スリングショットブレイブズの攻略他→
http://www.freedoor.cyberwst.com/game7index.html

●スリングショットブレイブズの動画→
posted by 株銘柄経済研究所 at 23:35| Comment(0) | 注目の銘柄

2014年03月29日

コロプラのゲームは最高級ばかり

コロプラのゲームは、最高級のゲームばかりですね。
やっと株が少し動きましたが、エネルギーを貯めているところでしょうか。
これからに期待です。
時価総額が高いですが、楽天や任天堂を追い越してもおかしくはありません。
なぜなら、世界に進出する期待のアプリゲームの星だからです。
これからも注目ですね。

●コロプラのゲーム→
http://www.freedoor.cyberwst.com/game7index.html
タグ: コロプラ
posted by 株銘柄経済研究所 at 08:05| Comment(0) | 注目の銘柄
過去ログ